軽やかな着け心地とお手頃価格が人気の富山のプラチナの結婚指輪

SITEMAP

wedding ring

結婚指輪は高価なのが当たり前?

ウェディングケーキ

富山で婚約指輪といえば、結婚指輪の前に富山の女性に結婚を申し込む際に富山の男性が贈るものです。この風習は日本だけのものではなく、海外でも一般的なプロポーズの手段となっています。ですが、日本と海外では大きな違いがあります。それは、婚約指輪の値段です。
日本ではその昔は給料の3か月分などと言われていましたが、現在ではそこまで高いものはあまり選ばれなくなり、おおよそ30万円前後の指輪を贈ることが多い様です。しかし、アメリカを除く海外諸国では、婚約指輪にこのような高いものを選ぶことはまずありません。日本円にして10万円以下のことがほとんどで、プロポーズに高価な婚約指輪を贈るという習慣は、実は日本とアメリカだけなのです。その他の国では、例え高価なものを贈っても、結婚をするまでの間しか付けていられない婚約指輪にお金を掛けるという習慣がないのです。
日本でも最近では婚約指輪にそれほど高いものを選ばず、代わりにずっと付けていられる結婚指輪の方に予算を回すという考え方をする人も増えてきました。確かに結婚指輪は何十年も付けていることが前提なので、こちらの方にお金を掛ける方が理にかなっていると言えなくもありません。それでもプロポーズをされる女性側からすると、婚約指輪にこそ高いものを選んで欲しいと思っているかも知れません。そこは現実的な実用性を重視するか、思い出や記念という意味合いを重視するかになり、難しいところでもあると言えるでしょう。